【面白さ 36点】ファイナル・アワーズ

ファイナル・アワーズ 映画
スポンサーリンク

作品概要:

巨大隕石が海に墜落し、地球が滅亡するまであと12時間。地球最後の日、友人知人と馬鹿騒ぎをして人生を終えるつもりだったジェームズは、暴徒と化した人々が蔓延る中、パーティー会場へ向け車を走らせていた。

Amazon.co.jp: ファイナル・アワーズ(字幕版)を観る | Prime Video

映像楽しミンのレビュー

人類が数時間で滅亡するとしたら何をする?

ファイナル・アワーズ

面白さ 36点

人類滅亡モノ映画。

大抵の人類滅亡モノは、滅亡までのタイムリミットがそこそこあり、それまでに滅亡を逃れるまでの用意をして~、という所から始まる作品が多いのだが、この作品ははじまった瞬間から滅亡までのタイムリミットは12時間となっている。

パニックになった人々が暴動を起こしているような場面や、廃墟のような建物の描写は少しあるものの、その部分は大きく取り上げられることはなく、どちらかというと、酒やドラッグ、そして肉欲と

恐怖から逃れようと酒池肉林に走る人間が多く描かれている。

滅亡からどう逃れるか!?ということを描いた映画ではなく、滅亡までどう過ごすかを描いている作品なので、当然ながらほとんど救いはない。

その救いの少ない限られた時間の中で、主人公である普通のちょっぴりヤンチャなおっさんは、どのような満足感を得て死を受け入れるのかが見どころの一つ。

派手な演出は無いが、心に残る作品と言えよう。

「ファイナル・アワーズ」を視聴してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました