【面白さ 79点】キャラクター

キャラクター 映画
スポンサーリンク

作品概要:

漫画家として売れることを夢見る主人公・山城圭吾(菅田将暉)。高い画力があるにも関わらず、お人好しすぎる性格ゆえにリアルな悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。ある日、師匠の依頼で「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチに出かける山城。住宅街の中に不思議な魅力を感じる一軒家を見つけ、ふとしたことから中に足を踏み入れてしまう。そこで彼が目にしたのは、見るも無残な姿になり果てた4人家族……そして、彼らの前に佇む一人の男。事件の第一発見者となった山城は、警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」と嘘をつく。それどころか、自分だけが知っている犯人を基に殺人鬼の主人公“ダガー”を生み出し、サスペンス漫画「34(さんじゅうし)」を描き始め、漫画は異例の大ヒットをするのだが…

Amazon.co.jp: キャラクターを観る | Prime Video

映像楽しミンのレビュー

思いっきりのめり込める邦画の良作!

キャラクター

面白さ 79点

人生の大挫折を味わった直後の漫画家と殺人鬼の出会いが思いもがけない物語に突入していく導入部分は秀逸!

視聴する前にあらすじを読んでいると「この作品だいじょうぶかな~」的な感情を持ってしまうが、実際のところ、この作品を観ていて違和感を感じるところは無いし、むしろ

どんどん、この世界に引き込まれていく!

唯一、最後決着を付ける舞台である自宅マンションに、なぜ警察は一人もいないのか(遅れて到着し過ぎ)という部分が残念だったが、それ以外は心の底から楽しめる邦画作品と言える。

猟奇的な描写が多い作品なので、そういった表現が苦手な人には強くオススメはできないが、それでも一回は観てほしいと伝えずにはいられない、邦画の良作だ!

「キャラクター」を視聴してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました