【面白さ 31点】アンホーリー 忌まわしき聖地

アンホーリー 忌まわしき聖地 映画
スポンサーリンク

作品概要:

ろうあの少女が聖母マリアの出現を体験し、突然耳が聞こえ話し出し、病人を治し始めた。少女が起こす奇跡を見ようと大勢の人々が詰めかける中、落ちぶれたジャーナリストは、再起をかけて町で少女を取材する。次々と起き始める奇怪な出来事。奇跡は本当に聖母マリアのなす業なのだろうか。それとも、不吉な何かが潜んでいるのだろうか…。

Amazon.co.jp: アンホーリー 忌まわしき聖地 (字幕版)を観る | Prime Video

映像楽しミンのレビュー

最初から最後まで楽しめる作りにはなっているが…

アンホーリー 忌まわしき聖地

面白さ 31点

物語導入部分から物語の最後まで、そこそこ飽きさせない作りになっていて映画としては成立しているのだが、

あまりにも王道過ぎて記憶に残らない作品

となっている。

ホラー映画ということもあり、作中で視聴者の体をビクつかせるシーンも何箇所かありいいのだが、悪霊を退治する側にいる司教や司祭があっさりと負けているのにもかかわらず、主人公である何の変哲もない記者が抵抗して生き残るなど、違和感を感じるシーンも少なくなく、胸にちょっとしたしこりを残したまま視聴することになる。

また、最終局面でボス敵でもある力を持っている悪霊が「そのちょんぼは無くないか…」という悪手で自滅するのは、ほとんどの人が納得しない部分だろう。

悪霊の描き方に関しても、国内外問わず四つん這いでカクカクした動きで表現するのはそろそろ卒業したほうがいいのではないかと切実に思う。

色々と気になる部分はある作品だが、時間つぶしには問題ない作品となっている。

「アンホーリー 忌まわしき聖地」を視聴してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました