【面白さ 42点】モブサイコ100(シーズン1)

モブサイコ100(シーズン1) アニメ

どんな作品?

超能力者の中学生が、肉体改造部で成長する青春物語!

「モブサイコ100」は、ONEによる日本の漫画作品であり、2012年4月18日からウェブコミック配信サイト「裏サンデー」で、2014年12月からコミックアプリ「マンガワン」で連載され、2017年12月に完結した。コミックスの累計発行部数は2016年7月時点で120万部を突破しており、2016年7月よりテレビアニメが放送された。また、2017年1月23日には第62回小学館漫画賞(少年向け部門)を受賞し、2018年1月19日にはテレビドラマも放送された。

物語は、中学生の超能力者・影山茂夫(通称「モブ」)が、脳感電波部からの勧誘を断って肉体改造部へ入部し、成長していく過程が描かれる。

映像楽しミンのレビュー

絵柄は独特だけど、この世界に入り込めば必ずハマる!主人公の無双だけじゃない、内面も深い作品

モブサイコ100(シーズン1)

面白さ 42点

絵柄が若干独特なので、とっつきにくい部分はあるが、この世界観になれてしまえばこっちのもの!この作品を楽しむためのベースは1話が終わる頃には難なく出来上がっていることだろう。

主人公の超能力が強すぎて無双しまくるだけの作品

かと思いきや、

しっかりと登場人物の内面も重視されて作られているところが実に面白い。

その面白さを引き出しているのは、作品の中心人物の一人であるインチキ霊媒師(主人公の師匠)。

インチキ霊媒師は、自分に何の能力も無いことを隠すために色々な言い訳で言葉巧みに周りを納得させていくのだが、

インチキな言葉の中にも核心あり!

そのインチキな部分がかなりこの作品を盛り上げていることは間違いない。

万人受けする作品でないことも事実だが、この作品を見逃している人がもったいないことをしているのもまた事実である。

このアニメの総評は?

中学生と詐欺師のコンビが魅力的!鮮やかなビジュアルで再現されるサイコキネシスストーリー

中学生で純粋で内向的な主人公と、詐欺師の成人男性の良いコンビが魅力的なアニメである。コメディー要素があるが、ハラハラする展開もあり、感動する場面もある。

ビジュアルが鮮やかでで、サイコキネシスのストーリーをビジュアルで再現することに成功している。本格的なバトルアニメで、戦闘シーンがかっこよく、出オチにならない。2期も楽しみである。

コメント

本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況は(U-NEXT・DMM・ABEMA)各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました