【面白さ 38点】オンリー・ザ・ブレイブ

オンリー・ザ・ブレイブ 映画
スポンサーリンク

作品概要:

堕落した日々を過ごしていたブレンダンは、恋人が妊娠したことをきっかけに森林消防団へ入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間との信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していく。しかしそんな彼らを待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった―。

Amazon.co.jp: オンリー・ザ・ブレイブ(字幕版)を観る | Prime Video

映像楽しミンのレビュー

山火事の悲劇を描いた実話を元にした作品

オンリー・ザ・ブレイブ

海外の消防士ものを観ていていつも思うことは、日本と違って海外では火消し職人はヒーロー的な扱いな職業なのだなということ。当然、命にかかわるような危険な現場しか存在しないわけで、それを考えれば普通に皆から尊敬されて然るべき職業なのだが、日本ではそういった感覚というか労い方をしていないように強く感じるので、文化の違いだなあと常々感じる。

この作品は最終的に「ヤーネルヒル火災」という、アメリカ合衆国アリゾナ州で起こった悲劇を生んだ山火事を描いているのだが、作品の内容自体は「どう山火事に挑んだ」ではなく、

山火事に挑んでいる一つのチームの人間模様を描いた作品

になっている。

この作品がどこまで脚色されているかはわからないが、最後に山火事から生き残ったメンバーがどのような偶然の積み重ねで生き残ったのかや、隊員それぞれの明るい出会ったであろう未来が一瞬にして日に飲み込まれるシーンなど、詳細はわからずとも胸に来るものはある。

さんざん練習した防火テントも、本当に生存率を少しでも上げるためのアイテムだったのだなと、悲痛な演出には胸を打たれた。

「オンリー・ザ・ブレイブ」を視聴してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました