【面白さ 9点】モンスターハンター

映画 モンスターハンター 映画
スポンサーリンク

作品概要:

エリート特殊部隊を率いる軍人アルテミスは砂漠を偵察中、突如発生した超巨大な砂嵐に襲われる。必死に逃げようとするものの一瞬にして巻き込まれてしまった。強烈な突風と激しい稲光の中で気を失ったアルテミスが目を覚ますと、そこは元いた場所とは違う見知らぬ異世界。その世界には近代兵器の通用しない巨大なモンスターが蔓延り、そんなモンスターの狩猟を生業とするハンターがいた。アルテミスは元の世界に戻るために、次々と迫りくる巨大モンスターと激闘を繰り広げる。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/0QJUZS21A6WJTVLG8TSEF4DX40/ref=atv_set_wh_dp

映像楽しミンのレビュー

人気ゲームを題材にしたハリウッド映画だが…

映画 モンスターハンター

ゲームは未プレイで世界観などが薄っすらとしかわからないが、それを加味しても

まったく見どころの無い作品だった。

現代とモンスターのいる世界がゲートで繋がり、モンスターのいる世界で現代人(兵士)が奮闘するのだが、モンスターには現代兵器(銃など)はほとんど効かないのに、モンスター世界の妙な武器は効きまくる設定に、う~ん…。

主人公格の二人は生きていた世界が異なるため、言葉が通じないのはわかるが、それが終盤まで続くとかなりうんざり…。

言葉が通じないなりにジェスチャーをふんだんに使い打ち解けあっていくのだが、その打ち解けるシーンがどれも謎。それで一体何をうちとけあったんだ?と思う場面ばかり。

そして何より、モンスターのいる世界には、所狭しとすべての場所にモンスターが存在するので、一歩でも寝床を出ればモンスターと遭遇する羽目になり、しかたなく戦闘するしかない感じで戦っている。

少なくとも題名にあるハンターではない

「モンスターハンター」を視聴してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました