【面白さ 52点】セブンティーン・アゲイン(17 Again)

【映画】セブンティーン・アゲイン(17 Again) 映画
スポンサーリンク

作品概要:

1989年、17歳のマイク・オドネルはバスケットボールのスター選手。次の試合を見に来るスカウトに認められれば奨学金で大学に行けることになっていた。運命を決める大事な試合を前にノリノリのマイク。そこに恋人のスカーレットが現れる。いつもと様子の違うスカーレットを不審に思ったマイクが問いつめると、彼女は妊娠しているという。試合どころでなくなったマイクは試合の途中で退場、スカーレットと赤ん坊を選ぶのだった。

そして現在。妻スカーレットに追い出され、子供たちにも無視されているマイクは親友ネッドの家に居候している。最悪な状況だが、昇進に一縷の望みを掛けるマイク。しかし、マイクの昇進は見送られ、上司に反発したマイクはクビに。

傷心のマイクはかつての栄光の記憶が残る出身高校に向かう。そこで自分のことを知っているという謎めいた用務員の老人に出会ったマイクは、高校時代からやり直したいとこぼす。そんなマイクに老人は含みのある笑顔を見せる。

その夜、マイクは用務員の老人が橋の欄干から飛び込むところを目撃する。慌てて橋の下を覗いたマイクは不思議な渦巻きに引き込まれるように落ちてしまう。翌朝、ドロドロになりながらネッドの家に戻ったマイクは、自分が17歳当時の姿に戻っていることに気付く。戸惑いながらも、見た目だけでなく、肉体的にも17歳当時の若さを取り戻していることに歓喜するマイク。これは高校時代からやり直せるチャンスだと思ったマイクは、ネッドに父親のフリをさせ、マークという名前で高校に編入する。

イマドキの高校生にジェネレーションギャップを感じつつも高校生活を満喫するマイク。しかし、息子アレックスがいじめに遭っていることや娘マギーが悪い男に引っかかっていることを知ったマイクは、一念発起。アレックスにバスケを教え、マギーの目を覚まさせようと奮闘することに。

一方、アレックスの親友として頻繁に家にやってくるマークに、スカーレットは若い頃のマイクを感じ、不思議な気持ちになる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3

映像楽しミンのレビュー

高校時代はイケメンでバスケットもエースでモテモテ、でも今は…

セブンティーン・アゲイン

バスケットボール選手としての輝かしい将来も約束されていた矢先、彼女の妊娠が発覚し、その時思い描いていた未来とは全く違う未来へ進む主人公

その結果…

自分自身が全く納得できない人生を送り続け37歳という中年を迎え、やることなすことうまくいかない主人公。

そんな時、とってつけたような胡散臭いおじいさんが現れ、それをキッカケに主人公はモテモテで輝いていた時代である17歳の時の容姿に戻るというファンタジー作品となる。

こういった作品の多くは「過去に戻ってやり直す」といった話が多いが、この作品は、

過去に戻ったのは容姿だけ

そこにこの作品の面白さがある。

結局、過去は変えられないけど、未来で自分が少しでも幸せになることができる可能性は多くはないが可能な範囲だよ。

みたいな。

深刻な話題から、主人公の親友とのコメディ的なやり取りなどが心地よく合わさり、1時間42分という作品の長さを感じさせない良作。

「セブンティーン・アゲイン」を視聴してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました