2022年に超大注目のゲーム会社は、これだっ!!

2021年11月22日アニメ・ゲーム・漫画

2022年に超大注目のゲーム会社は、これだっ!!

2022年はこのゲーム会社が熱いぞ!ということで今日は話していきたいと思うんですけど、まず結論からいっちゃいますね。


情報元:【絶対に知るべき!】2022年に超大注目のゲーム会社とは? – YouTube

【ゲームメーカー】qureate(キュリエイト)

そのゲーム会社とは、ずばりqureate(キュリエイト)でございます!

qureate -キュリエイト-

なぜqureateが2022年熱いのかということを、今日は話していきます。新作のスケジュールも触れていくので是非最後までご覧ください。

まず「qureateを知らないぞ」という方に向けて、ざっと簡単に説明していきたいと思います。

qureate(キュリエイト)とは

まず2018年にインディーゲームブランドとして創業。そう考えるとめちゃくちゃ若いブランドですね。2019年1月に「NekoMiko -ねこみこ-」を発売してデビューとなります。

NekoMiko -ねこみこ-

そして同じく2019年に「NinNinDays」を発売。こちらはPC版のゲームなんですけど、翌年2020年にSwitchに移植されます。私の記憶では、この辺からグッと知名度を上げてきた印象です。

NinNinDays

そして「プリズンプリンセス」「TroubleDays -とらぶるでいず-」「くっころでいず」「異世界酒場のセクステット Vol.1 Vol.2 Vol.3」と発売されています。

くっころでいず

 

そして今年の4月に「廃深」が発売。これがかなり売れたようで、ニンテンドーeショップのダウンロードランキング上位に食い込んでましたね。確か2位か3位だったと思います。

廃深

ここまで見てくれたらもうおわかりだと思いますが、完全にそっち系のゲーム会社です。そしてイラストが超豪華美少女系で、超人気のあるイラストレーターさんを起用しているので、絵にかまして本当に一級品のゲームが揃ってます。

おそらく伝わりやすい方で言うと、「NinNinDays」のキャラデザイラストを担当された「あかさあい」氏、この方はVTuberの宝鐘マリンさんの生みの親ですね。私はあまりVTuber詳しくないんですけど、それでも宝鐘マリンさんとか兎田ぺこらさんとか大手の方は結構耳にします。

そういうイラストを担当した方なんだなーって考えると、すごいですよね。

そしてqureateは、ただのノベルゲームとかアドベンチャーゲーム、俗にいうギャルゲーなど、そういうゲームだけでなく「プリズンプリンセス」とか「廃深」などは普通にゲーム性も含めて面白い作品をリリースしているのが特徴です。

これが現在までのqureateですね

2022年に向けてのqureate。

そしてここから未来の話になるんですけど、2021年11月18日に「NinNinDays2」が発売予定。

デュエルプリンセスというパワーディフェンス型のゲームが2022年初頭。

新たなデイズシリーズの「Oh! 女神様でいず」が2022年。

そして「ノゾムキミノミライ」という何やら怪しげなゲームが2022年春。

これ以外にも、現在開発中の紳士向けリズムゲームがあるようで、これは特に発売時期はまだ知らされていません。

ということで、現段階でも2022年に発売予定のものが3本もありまして、もちろん全て紳士向けというラインアップ!男なら絶対見逃せない、そんなゲーム会社となっています。

っていうわけでqureateというゲーム会社が、我々紳士に欠かせないゲーム会社であることが伝わったと思います。ここからはちょっと踏み込んで、なぜ2018年発足のインディーゲームブランドがここまで来れたのか?みたいな話をしていきます。

qureateの凄いところ

ズバリ!qureateのゲームは価格・ボリューム・品質・戦略、この4つが今の時代にドンピシャだと私は思ってます。需要と供給にガッチリはまってるとそう思うんですよね。

まず価格が安い!デイズシリーズのSwitch版は、基本的に1,000円以下、高いソフトでも「廃深」の2280円が最高額だったと思います。

やっぱり安いってそれだけで魅力ですし、ちょうどいいボリュームなんですよ。デイズシリーズは基本的に3・4時間でクリアできますし、「廃深」はホラーゲームなので、スムーズに進むかどうかでプレイ時間変わってくるんですけど、だいたい4時間ら10時間前後ぐらいのプレイ時間だと思います。

やっぱりこういう性なるムフフゲームは大人がプレーするので、皆さん社会人なんですよね。普段忙しく過ごしているので長編RPGのようにクリアまで50時間とか、モノによった100時間とか正直きついと思うんですよ。

もちろん人によるんですけど、そこで低価格でサクッと遊べる、しかもムフフな仕様ということで「いやーこりゃいいぞ」となると思います。そこに高品質というメリットもついてきますからね。

ぶっちゃけ言うと、低価格であのサクって遊べる紳士向ゲームて結構あるんですよね。ただ、やっぱり品質があまりよくないことが多いです。

しかしqureateは、人気のイラストレーターさんを起用したり、アニメーションでキャラを動かしたりもするので、全然安っぽさがないんですよ。

そして最後に戦略アドベンチャーゲームに関しては、すべてアダルト版が用意されています。これはもう最高ですよ!特にスイッチ版から入った人は最高ですよね。

キャラの生まれたままの姿が拝めるの?ってなりますから。しかもアダルト版も同じく激熱セールでタイミングが合えばSwitch版より安く買えます。

あとqureateは一切パッケージ版の販売がないんです。すべてダウンロード専売という販売戦略です。これめちゃくちゃいいなと思っていて、単純に中古に商品が流れないですよ。

まあそもそもソフトが安いので中古を買うメリットもないと思いますけど、パッケージ版がないってことはあまり「F」さん的な人たちの目に付かないっていうメリットがあるのかなと思います。

やっぱりこういうゲームって、あんまに公になっちゃうといいことがないんですよね。規制とかの対象になる可能性もあるし、欲しい人だけに純粋にアプローチできていると思うので、やっぱりダウンロード専売はいいですよ。

そしてつい先日大きな発表がありまして、今までqureateの作品のほとんどをプロデュースしてきた臼田裕次郎さんがqureateの代表取締役になったそうです。

臼田裕次郎さんはPS4で最も紳士的なゲームと言われる「バレットガールズ(Bullet Girls)」をプロデュースした方なんですよ。他にも「オメガラビリンス」とかプロデュースされていて、ズバリ!我々紳士の神様みたいな方なんです。

そんな方がqureateの代表になったということで、これはもう2022年注目しないわけがないっていう話です。

ネット上での反応

qureateさんのゲームは以前からやっていますが
本当にクオリティがすごいです!キャラクターも可愛いし文句はない!!


今話題のなにかと面倒なFさんw
qureateさんが時代に沿っている賢い存在なら、Fさんは時代に逆行した正反対の存在ですなw


バレットガールズは好きなんだけど今まで通りだとリリースは難しいかも。
PCで今まで通りだしてくれたら嬉しいな。

  

にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ

今人気の記事TOP20

2021年11月22日アニメ・ゲーム・漫画

Posted by NEWS楽発キュレーション