激面白いのに続編無し!ファミコンの残念な超神ゲー7作品

2021年11月21日アニメ・ゲーム・漫画

激面白いのに続編無し!ファミコンの残念な超神ゲー7作品

ファミコンの作品で発売時期が悪かったとか面白いけどCM不足で売れなかった等 理由は色々あると思いますが続編が作られなかった残念な名作ってありますよね せめてリメイクでも良いから出してほしいですよね そんなファミコンの残念な名作を厳選して7個紹介します。


情報元:【ファミコン】激面白いのに続編無し!見れば納得の残念な超神ゲー 7選 – YouTube

謎の村雨城

謎の村雨城

ゼルダの伝説と同時期に開発され、少し遅れて発売されたディスクシステムの初期の作品の一つにあたるアクションゲームです。

江戸時代、天から飛来した流星落下後、忍者軍団を使って周囲に攻撃を始めた。村雨城へ主人公の鷹丸が単身死ぬ煮込むというストーリーです。

見下ろし型のアクションで、システム的にはゼルダの伝説に近いものがありますがど、ちらかというと戦闘に特化したシステムとなっています。

鷹丸は近接武器の刀といくつかの飛び道具を使用することができ、これを駆使して攻略をしていくのですが、操作性がやや悪く、敵の配置がやや意地悪なこともあり、難易度は高めです。

江戸時代の忍びが主人公でありながら、天空から飛来した流星に端を発するSF的なストーリーは非常に興味深く、「ステージをクリアして先を見たい!」という気持ちを引っ張り出してくれるゲームでもあります。

このゲームは確か、当時ファミコンを扱った漫画でやっていましたよね。何の漫画だったかなぁ?

ファミコンロッキー?思い出せない…。

→謎の村雨城をAmazonで検索する

メトロクロス

メトロクロス

横スクロールの2Dアクションゲーム。制限時間内にゴールを目指します。主人公の操作はジャンプと上下の移動のみです。独特の障害物やアイテムがあります。

移動速度が減少してしまう緑色のスリッゾーンや、転がってくるは空き缶や障害物競走のハードルのようなものやジャンプ台などもあります。

空き缶の中身はお助けアイテムもあって、青い缶は潰すとタイマーが2秒停止し、緑の間は青よりさらに長時間停止します。他にも移動速度が少し速くなるスケボーはスリップゾーンに入っても影響を受けません。

ただしこのゲーム制限時間がかなりシビアで難易度が高いです。

全32ステージあり、後半はパターンを覚えないとクリアが難しいです。ゲーム性単純なだけに高難易度のバランスについていけない人はすぐに飽きるかもしれない作品です。

→メトロクロスをAmazonで検索する

必殺道場破り

必殺道場破り

個性の強いゲームを生み出すシグマ商事が出した、一風変わったアクションです。

主人公は空手太極拳・少林拳の3つの流派の中から1つを選んで、町にある他の流派の道場に戦いを挑んですべて自分の流派に変える。アクションとシミュレーションの要素を合わせたものです

いきなり道場に頼もうなんていくと、瞬殺されたのは最初に通る道ですが、修行を繰り返して能力を上げると無事道場破り成功となり、そこの流派の技を覚えられるすごい仕様です。

特に飛び道具を使う流派を最初に落とせれば、展開が一気に楽になったのを覚えています。

一部では賛否が分かれていますが、他の流派も常に勢力争いしていて刻々と状況が変わったり、技一つで展開が複雑に変化するなど、映画の世界を体験できます。

アクションや格ゲーファンはもちろん、ジャッキー等香港映画ファンなら、かなり楽しめると思います。

個人的にはかなりの無理ゲーでした。

→必殺道場破りをAmazonで検索する

大怪獣デブラス

大怪獣デブラス

あのデータイーストが出したなら、きっと怪獣が暴れるゲームとファンは思っていました。しかしフタを開けると、大怪獣から対抗できる怪獣の卵を守るために防衛隊を奮闘させるシュミュレーションでした。

防衛隊は戦艦や戦車・戦闘機など、おなじみの兵器群から特殊なレーザーを出すものなど、怪獣映画さながらな武器が出て、男の子の心をくすぐります。

しかし単身戦闘機で挑むと、秒殺で落とされることもよくあるので、しっかり敵を囲んで足止めする必要があります。

さらに輸送機の行動力はサイコロなので、早く逃げないといけないのに1しか出なくて全滅なんてこともあります。

また、ところどころでオペレーターや投げやりなキャスターとの、なんとなく突っ込みたくなるやりとりがなんだか楽しいです。

それでもウルトラマンやゴジラといった、特撮モノのファンなら設定にちょっと嬉しさも感じました。シミュレーションファンも楽しいと思いますが、特撮モノのファンならもっと楽しめます。

→大怪獣デブラスをAmazonで検索する

マイティボンジャック

マイティボンジャック

テーカンから社名変更したテクモの記念すべく最初の作品で、なおかつファミコン参入第一弾です。

元はアーケードで発売された1画面固定アクションの「ボンジャック」をベースにており、縦横スクロールの謎解き要素を追加した家庭用ならではの、長く遊べる内容になっています。

魔王ベルゼブルにさらわれた王・王妃・王女を助けるために、主人公のジャックはピラミッドに入っていきます。ジャックはジャンプ力が高く、ボタン連打で滞空時間を延ばしたりできるので、かなり操作は快適で敵をスイスイかわして進んでいけるのは楽しかったですね。

当時はあまりなかったマルチエンディングになっていて、隠し部屋や隠しアイテムも豊富でかなりやりこみましたが、謎解きの難易度の高さから結局クリアできませんでした。

→マイティボンジャックをAmazonで検索する

サムライソード

サムライソード

ロックマン以外、移植や原作ものが多いカプコンとしては珍しいオリジナルのアドベンチャーです。

世界征服をしようとする闇の司祭ソロンを倒す為、主人公は光の魔法使いサリアと伝説の武器サムライソードを探す旅に出ます。

オーソドックスなコマンド式ですが、サリアを仲間にすると使えるサリアコマンドでアドバイスしてくれたり、魔法を使ってくれるのが個人的に気に入っています。

基本的にファンタジーの世界観ですが、後半に超科学のロボットが出てきたりして驚かされました。ですがが全体的にボリューム不足で、行ける場所やイベントも少なく、最終的に急展開で終わってしまうので、どうせならディスク2枚組とかで出して欲しかったです。

今でもリメイクや続編が出たら絶対に買いますね。

→サムライソードをAmazonで検索する

ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ

ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ

ファミコンも後期となったなか出された正統派なアクションRPGです。

文明が崩壊した世界でコールドスリープから目覚め記憶を失った主人公が、己の正体を求めつつドラゴニア帝国との戦いに身を投じます。

基本的には見下ろし型のアクションRPGで、剣と魔法で戦います。止まった状態で攻撃ボタンの押し続けると、すごい感じで力をためて一気に放つと雑魚なら一掃できたりします。

またフィールドも大きいのですが、操作性も良いのでアイテムや魔法を探すのが楽しいです。

また王道かと思ったら意外性のあるステージもあって、少しサイバーパンクな気持ちになったり、ジブリの名作のような展開もあります。

キャラたちも個性的でグラフィックもいいので、上質なアニメを観ているようです。

少し敵の攻撃が単調なのが難点ですが、それを超えたくなるような冒険劇を楽しめます。

ファミコンも後期の隠れた名作なので、RPGマニアなら今でも即戦力なRPGです。

→ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタをAmazonで検索する

ネット上での反応

今思った。

FCの制限された表現で、今も尚続編を望むソフトが沢山あるとか当時のクリエイターは化け物なんじゃ……。
プレイヤーに『遊びを提供したい』という熱意が伝わる作品だらけで、甲乙つけがたい。


メトロクロスはとことん極めれられる奥深い名作ですね😘デブラスもアイディアを上手くゲーム化して素晴らしいゲームだと思います😻


コナミが続編を作るのが上手かったのに対し
ナムコは今一つだったような
単発のゲームでは数も質も上だったと思うが
完成され過ぎていたんだろうか


道場破りかなりハマったな。
自分の道場が攻められると弟子が助けを求めて来るんだよなぁ。
剣道の面かぶった弟子が助けを求めてきた時はビックリした


大怪獣デブラス。
たしかまだ当時はあった抱き合わせの知らないほうのゲームだったと思いますが、これは大当たりでした。当時はスーファミソフトが高いのでファミコンのままでしたね。

  

にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ

今人気の記事TOP20

2021年11月21日アニメ・ゲーム・漫画

Posted by NEWS楽発キュレーション