ダイイングライト2の新要素!

2021年11月19日アニメ・ゲーム・漫画

ダイイングライト2の新要素!

本日はダイイングライト2の先行プレイ映像公開&新要素を解説!

ダイイングライト2

本日の概要は、

  • ダイイングライト2紹介
  • PS4での動作
  • 新要素や気になる点解説
  • 製品版情報

情報元:【ダイイングライト2】先行プレイ映像が解禁!感想や新要素を解説!【Dying light2】 – YouTube

ダイイングライト2紹介

  • 一人称視点のオープンワールドゾンビサバイバルアクションRPG
  • 基本シングルだが4人Co-opにも対応
  • 世界に影響を与えるストーリー分岐が無数

ダイイングライトは知らない人がいないっていうぐらい有名なゲームで、知らない人も名前ぐらいは聞いたことあるかなと思います。

ダイイングライトがどんなゲームかというと、「一人称視点のオープンワールドゾンビサバイバルアクションRPG」。ものすごいボリュームで、世界観もすごいよく作りこまれている。

5年以上前に発売された「1」が未だにアップデートが続いているくらい人気のゲームです。

基本シングルプレイなんですけれども、4人までのCo-opプレイにも対応しています。このCo-opモードも人気があるモードです。

世界に影響を与えるストーリー分岐、世界がこうすると街並みがガラッと変わるみたいな、そういうストーリー分岐がたくさんあり、細かいところまで行くと無数に分岐がたくさんあります。

  • パルクールアクションが爽快
  • 2000万人以上がプレイした超人気作の続編
  • 日本語音声対応、2022年2月4日発売

パルクールアクションなんのことかというと、建物と建物の間をを忍者みたいにピョンピョン飛んでいくとか、危ない場所を綱渡りして町並みを駆け抜けていくみたいなアクションのことを言うんだけれども、そのパルクールアクションが一人称視点で出来る!ということがめちゃめちゃ高く評価されています。

実際にプレイしてみると凄く面白く楽しい!パルクールアクションが爽快ということで有名になっております。

今回は前作よりもさらにアクションのアニメーションとを追加してパワーアップしているとのことです。面白いのがこのパルクールアクションが爽快で楽しいから味わって欲しい意味も込めてファストトラベルがないんです。

ファストトラベルとは

ファストトラベルは、多くのビデオゲーム、特にオープンワールド作品で用いられるゲームメカニクスであり、プレイヤーキャラクターが既に発見した2つの地点の間を実際に歩いたり乗り物で移動することなく、瞬間移動するというもの。いわゆるワープやテレポートの一種である。

ファストトラベル – Wikipedia

マップが広大なんだけどファストトラベルがなく。でもストレスなくこのパールクラクションでどんどん移動していけるというのが、一つの売りとなっております。

それは今作でも更にパワーアップして健在ということです。

前作は2000万人以上がプレイしていた超人気作品。もしこの作品を知らない人いたら覚えておいて損はないと思います。

日本語音声完全対応で2022年の2月4日に発売。12月発売予定でしたが延期になり、2022年の2月4日発売です。

2022年の2月は超対策が3つも発売になるんですよ。

「ダイイングライト2」が4日。

「Horizon Forbidden West 」が20日頃。

次週に「エルデンリング」

が発売なので、2月はスゴイことになりそうだなと。

  • 日本のPSの販売はスパイク・チュンソフト
  • 開発と販売はポーランドのTechland
  • プラットフォームはPS4/5、Xbox1/SX、PC

日本のプレイステーション版の販売は、スパイク・チュンソフトが対応とのこと。日本語の解説ページや、日本語版の動画、予告編などが見れます。

開発と販売はポーランドのTecjlandと言う会社。前作で大成功して社会現象を起こしたほど。

プラットフォームはPS4/5、Xbox1/SX、PCとなっております。

  • PS4版は無料でPS5にアップグレード可能
  • 1(前作)の20年後の世界が舞台で「1」のその後も解る
  • 主人公は記憶喪失のエイデン

プレイステーション4版、Xbox one版を買った人は無料でPS5版の次世代機版にアップグレード可能とのこと。

世界感は前作の20年後の世界が舞台になっているが、前作との直接のストーリーの繋がりはないという感じです。

前作はアメリカ大陸の話で、今作はどうもヨーロッパとかユーラシア大陸の話なんじゃないかなという感じです。ただ今作で探索や記録を探していくと、前作をプレイした人がすごく楽しめるようなものがたくさん用意されているたいです。

前作の後何が起こった?とか、世界はどうなっていた?とかが、そこからわかるということみたいです。

ですので、前作をプレイしてきた人はそれなりにさらに楽しめる。前作のファンが喜べる内容がたくさん詰まっているということです。

主人公は記憶喪失になているエージェント。記憶を取り戻すために妹が必要で、妹を探すのが一つの目的ということ。

その過程で2つの勢力が争っていて主人公(エイデン)は、どちらかに協力して生き残っていかないといけない。どちらに協力するかによってストーリーや町並みが変わる。

PS4での動作

  • PS4proで30FPSで安定プレイ可能
  • 若干の画質の低下はあるが気にはならない
  • パルクールや戦闘のアクション中も、カクつくことなくプレイ可能

今回初めてプレイステーション4での動作確認がされました。

プレイステーション4pro版の感想が、とりあえず30FPSで安定してプレイが可能であるということです。どのメディアもそう伝えているので、PS4pro以上だったら安定してプレーできるだろうということです。

「若干画質の低下はあるかな」「フレームレートが60じゃないな」というのはあるみたいですが、他のプレイステーション4のゲームと同じぐらいのレベルではプレーできるということです。

パルクール中や戦闘のアクション中にも、特に画面がカクついたり、フレームレートが落ちたりはなかった。PS4proでの話なので、PS4オリジナル版だとどうなるか分からないが、PS4pro以上ならば問題なくプレーできるだろうという結論です。

新要素や気になる点を解説

今回の新要素の「パラグライダー」。高いところから飛び降りても「ふわぁ」と飛べて、上昇気流に当たる上昇することが可能。街の中をパラグライダーで気持ちよく快適に移動していくことも出来ます。

その他の気になる新要素は、

  • アクションにパリィとジャスト回避が導入
  • ステルス要素が強化され、スニーキング攻略も可能になっている
  • ゴア表現が過激なので日本版は規制が入る可能性あり
  • レベルはスキルツリーがあって開放していくシステム

→ダイイングライト2をAmazonで検索する

ネット上での反応

相変わらずのドロップキック無双になりそうですが大変期待しています( ゚Д゚)b


ゾンビの体力表示は世界観を損なう気がするなぁ。


もう1の記憶まるでないんだけどw

  

にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ

今人気の記事TOP20

2021年11月19日アニメ・ゲーム・漫画

Posted by NEWS楽発キュレーション