エルデンリングのデモ版解禁!海外ストリーマーの感想は!?

2021年11月11日アニメ・ゲーム・漫画

エルデンリングのデモ版解禁!海外ストリーマーの感想は!?

『エルデンリング (Elden Ring)』解説

本作は2019年のE3で発表された『ダークソウル』シリーズや『SEKIRO』などを手がけた、フロム・ソフトウェア 宮崎英高氏の新作。『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作を務めるジョージ・R・R・マーティン氏とのコラボレーションで、『エルデンリング』の世界の神話を書き下ろしている。

3人称視点のアクションRPGでマップはオープンワールド形式を採用している。2~4人のマルチプレイ対応で、外見やステータスは自由にカスタマイズ可能。プラットフォームはPS4、PS5、Xbox ONE、SX、PC(Steam)に対応。2022年2月25日発売予定。

エルデンリングの新情報を紹介していきたいなと思います。

本日はエルデンリングでデモ版映像が解禁!

海外のストリーマの感想のまとめやPS4での動作確認を紹介!

先日エルデンリングのネットワークテスト版と一緒だと思うんだけれども、それのゲームプレイ映像が海外のストリーマとか、後はゲーム雑誌から全部一斉に出てきた。今日はそのストリーマーたちの感想とか、どういうことがあったと言うことをまとめて紹介したいなと思います。

海外ストリーマーの感想

  • 完全にオープンワールドRPG
  • ツシマやスカイリムを連想させる
  • 確実にダークソウル系列
  • 製品版は超ボリュームになる印象

まず概要なんだけれど、一番多いのがどれもみんな言ってるかな、完全にオープンワールドRPGゲームだと言っております。なので中にはツシマとかスカイリムを連想させると言ってる人達が何人かいた感じです。なのでツシマ大好きで、オープンワールドゲーム大好きなのでこれは凄い期待できるかなという感じです。

でもでも、確実にダークソウル系列のゲームだなとも感じたとも言っているので、これはストリーマの人たちはみんなダークソウル系のゲーム全部やっている人たちなので、私はその配信を見たことしかないんだけれども、自分でやってないんだけれども、ダークソウル系列のゲームだということをみんなが言っております。

製品版はすごいボリュームになるだろうと予測できるという意見も多いです。というのは、体験版で10時間とかそれでもまだやり込みきれてないみたいな、なんかそんな感じのボリュームがあるらしいので、まだまだアンロックされている要素も多そうだと言っている話で、これすごいきっと製品版は凄いボリュームになるそということなので、前回の動画で紹介した「150GB」これあながち適当な話じゃないなということ。本当250GBぐらいありそうな勢いかもしれません。

  • ステルス要素があり結構重要
  • 探索要素多めでハマる
  • 早くオープンになってみんなと経験を共有したい!

ステルス要素があるということで、これが結構重要な要素をみたいです。ステルス暗殺とかしていかないといけないってわけじゃないんだけれども、ステルス暗殺してた方が楽になったりする場所もあるよみたいのは、一つの攻略方みたいな感じなんだけれども、ステルスゲーが好きな人にも楽しめるような内容だよということみたいです。

探索要素がかなり多いということで、秘密の宝箱とかそういうのが結構たくさんある。オートワールドゲームだからもうそこらじゅうにあるみたいな感じで、ハマれるんじゃないかなという話です。

ストリーマーの中には、早く皆ができるようになって皆と経験を共有したい。黙ってなきゃいけないことがたくさんあるじゃなくて、もう早く皆と経験を協力したい!みたいで、すごい楽しんでいるなーという感じです。

ゲーム内容に関して

  • 武器や装備は基本ボスなどから入手できる
  • 武器ごとの戦技が強力でかなり楽しい
  • 使役霊(召喚)はFPを消費するアイテムで強すぎるぐらい強力らしい
  • 盾でのガードカウンターが強力で基本攻撃の一つ
  • ジャンプもできてジャンプ攻撃もかなり有効
  • 祝福でレベルアップや各種セッティングを変更
  • ポーションに付加効果をつけるアイテムがかなり強力
  • デモ版では魔法騎士がかなり強く使いやすい
  • 両刃の剣がボスもひるませるのでかなり強力
  • 武器に炎や雷の属性をもたせるアイテムが強力
  • 武器は両手持ちか片手持ちかを切り替え可能
  • 霊馬での戦闘は即死攻撃くらったり意外と弱いらしい
  • 洞窟や室内が暗い、松明がないとわけわからない

ゲーム内容に関して、もうちょっと細い話なんだけれども、武器とか装備は基本ボス、中ボスとかから入手できることが多いと言っておりました。大ボスを倒すともらえるみたいな感じでね。

武器ごとに戦技があって、これがかなり強力で派手なアクションするので楽しいということなんだけれども、この戦技が武器特有のやつもあれば、戦技だけをどれか汎用武器みたいのがあるらしくて、それには付けられるみたいなです。いろいろ付けていくのも楽しいということみたいです。

日本語だとし使役霊っていうのかな?式神みたいな感じなんだけど、召喚だよね。精霊を召喚してるやつ。あれはFPというマジックポイントみたいなやつです要するに。FPを消費するアイテムということみたいです。

スキルとかそういうのじゃなくてアイテムを買って、その買うというか交換してもらったアイテムを使うとFPを消費して使役霊が出てくる。狼とか、巨人とか、そういうのが出てくるみたいでかなり強力ということです。強すぎるんじゃないかという話も出ており、調整が入るんだろうなーって話です。

基本的な戦闘で盾でのガードカウンターがかなり強力で、これがないと結構厳しいらしい。盾でのガードカウンターが基本攻撃の一つになるだろうと。これは絶対覚えたほうがいいということですね。盾でガードした後R1・R2ボタンを押すと反撃して、敵が盾を持ってようがなんだろうが、よろめかせちゃってよろめいた敵に止めを刺せる。盾を持ったりガードが固い敵に対して、この盾ガードカウンターがかなり有効だということです。

ジャンプができるということで、ジャンプ攻撃もできます。ジャンプ攻撃も敵をよろめかかせられるので、よろめかせるのにかなり有効な方法とのこと。ジャンプ攻撃も覚えたほうがいいでしょう。よろめかせた敵には「トドメの一撃」みたいのが刺せるらしく、敵を倒すのはトドメの一撃を刺すのが一番簡単ということです。

祝福は焚き火ところですよね。そこでレベルアップとか、各種パラメータを振ったり、セッティング・回復ポーションなど、ヒットポイント回復を全部ヒットポイントにするのか、ヒットポイント回復2つでマジックポイントを2つにするのかとか。その辺の割り振りができるみたいです。

ストリーマーの中にはデモ版番をやる人には絶対オススメで、製品版やる人にも絶対これはオススメの内容ですが、「ポーションに付加効果」ポーションを混ぜるみたいなアイテムがあるらしいんですね。これを早く手に入れるとすごい強力みたいです。
回復するんだけれども、その近辺に爆発を起こすポーションとかが作れるらしいです。これを早く手に入れたほうがいいよ、みたいな感じで話してたりしてましたね。

デモ版では魔法騎士がかなり強くて使いやすいと言ってる人がいました。確かに映像を見ると魔法騎士すごい強いなーみたいな感じで、魔法の攻撃力が結構高いなと印象がありました。

これはもちろんやってみて好みでいいと思うんだけれども、両刃の剣がすごい!ボスも怯ませちゃうくらいで、連続攻撃出せたりしてかなり強力という話です。これは私も早く使ってみたい。

武器に炎とか雷の特性を一時的に持たせるようなアイテムあるが、結構効果時間長くて強力。ボス戦でみんな使っているという感じでしたね。

武器は両手持ちた片手持ちかを切り替え可能ということ。これは基本のゲームシステムってことです。

左手が盾じゃなくて素手だった場合ってことみたいですけど、右手に持って、これを片手で振るか、両手で持ちにして強攻撃にするかそんな感じです。

意外だったのが霊馬での戦闘。これが思ったほど強くないということみたいです。落馬させられちゃったりして、即死攻撃を食らうみたいなこともあったりして、意外と弱いという印象があるみたいです。これはやってみないともちろんわからないと思うんだけれども、思ったほど強くないという感じみたいです。

あとは、不満点というかネガティブな話だったんだけど、洞窟とか室内が暗すぎると。もう真っ暗で何も分からないという話がありましたね。

松明があればそれでもちょっとはわかるようになるんだけど、松明がないと真っ暗な中で敵に襲われたりとかそういうことがあってちょっと不満点だということです。この松明も最初から持ってるわけじゃないらしく、どっかで手に入れないといけないみたいなことみたいです。

PS4での動作

  • 初期モデルの500Gで安定してプレイ可能
  • ボス戦や大勢の敵と戦っても30FPSを維持
  • 景色の画像も綺麗で特に問題はなく、カメラを素早く動かしてもカクつきはみあたらない
  • ダークソウル3であった問題も確認できない

PS4での動作を確認していたストリーマーがいたので紹介したいなと思います。初期モデルの500GBでプレイしても安定してプレイが可能だという結論みたいです。ボス戦とか大勢の敵と戦ったり、素早い戦闘になったりしても30FPSから落ちることなく安定してプレーしていたということになっております。

景色の画像も綺麗で特に問題なく、カメラを素早く遠くの景色を見ながら動かしてもカクつきは特に見当たらなかったということです。

ダークソウル3でその人はあった問題で、遠くの景色を見ながら素早くカメラを動かすとカクついたりするという問題があったらしいけれども、とにかくダークソウル3であったグラフィックの問題もこのエルデンリング体験版では確認できなかったということです。

→エルデンリングをAmazonで検索する

  

にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ

今人気の記事TOP20

2021年11月11日アニメ・ゲーム・漫画

Posted by NEWS楽発キュレーション