ビーチリバレストの俺プロページへ

L.ヒューイットソン騎手がスプリングS 2020でJRA重賞初制覇!

ニュースガロアクリーク, サクセッション, スプリングS, ヴェルトライゼンデ

L.ヒューイットソン騎手がスプリングS 2020でJRA重賞初制覇!
L.ヒューイットソン騎手がスプリングS 2020でJRA重賞初制覇!

【スプリングS】ガロアクリークが差し切りV!ヒューイットソン騎手と共にJRA重賞初制覇/JRAレース結果

 22日、中山競馬場で行われた第69回スプリングS(3歳・牡牝・GII・芝1800m)は、中団後ろでレースを進めたL.ヒューイットソン騎手騎乗の6番人気ガロアクリーク(牡3、美浦・上原博之厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、内で食い下がった1番人気ヴェルトライゼンデ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒8(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に2番人気サクセッション(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、3番人気ファルコニア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)はサクセッションとハナ差の4着に終わった。

 勝ったガロアクリークは、父キンシャサノキセキ、母ゴールドレリック、その父Kingmamboという血統。新馬戦以来の勝利を、重賞初制覇で飾った。また、鞍上のL.ヒューイットソン騎手も、これがJRA重賞初勝利となった。

 本レースで3着以内に入ったガロアクリークヴェルトライゼンデサクセッションは、4月19日に中山競馬場で行われる皐月賞の優先出走権を獲得した。

【スプリングS】ガロアクリークが差し切りV!ヒューイットソン騎手と共にJRA重賞初制覇/JRAレース結果 | 競馬ニュース – netkeiba.com

1番人気のヴェルトライゼンデは、頭は厳しいかなーとは思っていたけど、馬単的中できず…

3着に負けはしたけどサクセッションもジワジワと伸びてきてイイ脚をもっているのがわかったね!本番の中山2000mでも飛び込んできそう

[最強]ランキング読者会員登録へ ←登録するといち早くビーチリバレストの更新情報を取得できます。