外部新着記事

【楠賞2019予想】リンゾウチャネルの頭は無し!?【園田競馬】

園田競馬アルネゴー, サンライズハイアー, ジンギ, チャービル, ヒストリコ, フォルベルス, リンゾウチャネル

【楠賞2019予想】リンゾウチャネルの頭は無し!?【園田競馬】

2019年11月14日(木)に園田競馬場第11Rに行われる重賞楠賞の予想を公開

出走表は【出走表】楠賞重賞13歳登録馬|2019年11月14日(木) 園田競馬 11R|地方競馬ならオッズパーク競馬で確認

当レースの目玉はなんといってもホッカイドウ競馬史上5頭目の3歳三冠達成したリンゾウチャネルが出走するということだろう。三冠レースの最終戦である王冠賞は万全の状態ではなかったものの勝利をもぎ取った能力の高さには頭が下がったものだ。

普通に考えればこのリンゾウチャネルが馬券の軸となるのだが、リンゾウチャネルの主戦距離は1600mから2000m今回の舞台である1400mを走らないというわけではないが、この距離を得意とした馬達に勝てるかと言われるとかなりの疑問符が付く。またこのレースを無理をしてかつ必要性も感じないことから、リンゾウチャネルの頭は無しとみる!

では、勝ち馬はどの馬か?

差し、追い込み馬が多いこのレースでは楽に前に位置取りのできる馬が勝利候補と見るのが妥当だろう。逃げの戦法に出そうなのは5番ヒストリコ7番サンライズハイアー、の2頭。この2騎がレースを引っ張りのはまず間違いないだろう。ただこの2頭の内どちらかが楽にハナを切れたとしても勝つかと言われるとそうは思えない。この2頭に関しては2着候補が妥当だろう。

前目に付けられ、園田の1400mの重賞「楠賞」を制しそうなのは、大井競馬から参戦6番フォルベルスと、園田競馬場の1400mがおそらく庭8番ジンギの2頭だろう。前に2頭を追いて好意差しができるのは当レースではこの2頭だけと読む。

相手には上記の逃げ馬候補の2頭に加え、マクリ勝負でとこまでか2番アルネゴー。どんな距離でも必ずジリジリと伸びる3番チャービル。ホッカイドウ競馬史上5頭目の3歳三冠達成したリンゾウチャネルまで。

楠賞2019の買い目

馬単(12点)

⑥⑧ → ②③⑤⑥⑦⑧⑪

(Visited 25 times, 1 visits today)

ビーチリバレストをもっと楽しむ

サイト内のおすすめ特集ページを一覧表示しています。さまざまなお楽しみが用意されているのでぜひ御覧ください。

おすすめ特集ページへ


あなたの探していたブログやサイトがきっと見つかるブログランキング集