外部新着記事

【jan3 エーデルワイス賞2019】中央馬を蹴散らせ!スピード&パワー全開のプリモジョーカー

門別競馬プリモジョーカー, ミナトノヨーコ, ミリミリ

【jan3 エーデルワイス賞2019】中央馬を蹴散らせ!スピード&パワー全開のプリモジョーカー

2019年10月10日に門別競馬場で行われるjpn3エーデルワイス賞の予想を公開!

出走表はホッカイドウ競馬 – 出走表詳細で確認

門別競馬で行われるjpn3エーデルワイス賞に出走するJRA所属馬は4頭。前走好位置から差し切り勝ち(未勝利戦)を収めた1番デビルスダンサー

番手から危なげのないレース運びで1着をもぎ取った(未勝利戦)5番ニシノミンクス

新馬戦でスピードと中山競馬場の坂をパワーで登りきり勝ちを収めた10番ウィーンソナタ

3戦目のダート1000mで勝利(未勝利戦)を手にした12番キラットダイヤ

上記の4頭がJRAから参戦する馬たちである。その中でも1番デビルスダンサーは最近重賞を勝利し人気絶頂の藤田菜七子が騎乗するので人気を持っていきそう。また10番ウィーンソナタの新馬戦のパフォーマンスからこの二頭が人気の中心となりそうだ。しかし、当サイトでの軸馬は中央所属馬ではなく、門別競馬場で高パフォーマンスを繰り出す馬。

スピード&パワー全開の4番プリモジョーカーだ!

前走のリリーカップ〔H3〕の勝ちを含め道営競馬では三連勝中のプリモジョーカー。中央競馬(札幌・函館)に遠征したときは大敗を期したがそれは芝レースでのこと。芝のレースで大敗するということは逆を返せばダート適性が高いということにほかならない。鞍上も主戦騎手の阿部龍に戻るので安心感もある。

相手には差し馬を指名する。当レースは短距離戦(1200m)の重賞。スピード自慢で勝ち上がってきた馬たちが大挙している。よってハイペースで展開されるレース展開が予想され、最後には差し馬が少なからず1頭は複勝圏内に飛び込んでくると予想。その展開面で白羽の矢が立ったのは二頭。9番ミリミリ15番ミナトノヨーコだ。2頭ともフローラルカップとリリーカップに出走しており複勝圏内には届いてはいないが堅実な差し脚を見せていた。1着との差も1.0秒以内なのでこのレースで3着に飛び込んできてもおかしくなく、馬券的にはココが買いどころ。積極的に狙っていく。

jpn3エーデルワイス賞の買い目

3連複フォーメーション

④ ー ⑨⑮ ー 全頭

 

(Visited 34 times, 1 visits today)

ビーチリバレストをもっと楽しむ

サイト内のおすすめ特集ページを一覧表示しています。さまざまなお楽しみが用意されているのでぜひ御覧ください。

おすすめ特集ページへ


あなたの探していたブログやサイトがきっと見つかるブログランキング集