外部新着記事

全米が泣いた感動の馬券師 濱田のJRA-VAN POG’19への挑戦

2019年9月18日POGアドマイヤメティス, アドマイヤヴェラ, アージオン, サイクロトロン, ジュヌヴィエーブ, ピオノノ, フェアレストアイル, ラインベック, ルビーカサブランカ, ロードシャムロック

全米が泣いた感動の馬券師 濱田のJRA-VAN POG'19への挑戦

JRA-VANで開催されているPOG’19 ペーパーオーナーゲームにビーチリバレストの全米が泣いた感動の馬券師 濱田が参戦!1位賞金50万円獲得を目指して未来のダービー馬を探し当てる旅に出る。

JRA-VAN POG | プレイヤーページ(ニックネーム数の都合上、「戒め馬券師 濱田」で登録中)

指名馬一覧

全米が泣いた感動の馬券師 濱田が選び抜いた10頭を紹介する。


アージオン

アージオン 新馬パドック

ロードカナロア キングカメハメハ
レディブラッサム
インナーアージ ディープインパクト
ミュージカルウェイ

安田隆行厩舎に入厩。お母さんは2冠牝馬のミッキークイーンの全姉という血統馬。390キロの小柄な馬だが走りはよく、馬体は小さいが、期待は大きい競走馬。良馬場でこそ能力を最大限に発揮できる走法のようです。母は、芝2500mを勝って繁殖入りしたので距離の幅も広がりそうであり、ロードカナロア産駒は仕上りが早く、勝ち上がり率の高いので、大注目の1頭になってます。

アージオン | 競走馬データ – netkeiba.com


アドマイヤヴェラ

アドマイヤヴェラ 新馬パドック

カレンブラックヒル ダイワメジャー
チャールストンハーバー
コズミックショア Elusive Quality
Mary Delaney

母コズミックショアは1勝馬。主にダート短距離で500万下で善戦しており、父カレンブラックヒルのスピードと距離の融通性が遺伝されれば芝1400mやダートの短距離戦線で活躍が期待できる。

2019年6月9日 3回阪神4日目 サラ系2歳新馬 [指](馬齢)2歳新馬】【除外】M.デムーロ (ミルコ・デムーロ)を鞍上に配した期待のデビュー戦であったが、軽いハ行が見られたとのことで返し馬後除外に。次走に期待したい。

アドマイヤヴェラ | 競走馬データ – netkeiba.com


アドマイヤメティス

ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーショック Candy Ride
Enthusiastically

セリ取引価格は6,480万円 (2018年 セレクトセール)と、金額の上ではかなり期待のできる馬。母シュガーショックは無いが、父ディープインパクトで期待が高まる。北村助手は「マイルあたりで切れる脚を使いそう」と評価しているとのことで、2歳の重賞に出てくれば面白い存在。

アドマイヤメティス | 競走馬データ – netkeiba.com


サイクロトロン

サイクロトロン 新馬パドック

ロードカナロア キングカメハメハ
レディブラッサム
キャレモンショコラ サクラバクシンオー
スウィートダンス

音無秀孝厩舎に入厩。血統はNatalma-Almahmood直系でArcticDancer=NorthernDancerクロスを奥に抱えている貴重な配合。母キャレモンショコラ自身は1200を馬場問わず3連勝しながら志半ばで引退した快速馬。日本では重賞で勝負になるクラスの活躍馬が出ていないが、馬主の金子真人ホールディングスが取れていない短距離よりのG1「朝日杯FS、マイルチャンピオン、高松宮杯、」狙いに短距離無双しそうな馬をターフに送り込んできた。早い時期からの活躍に期待できる。

サイクロトロン | 競走馬データ – netkeiba.com


ジュヌヴィエーブ

ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
プラスヴァンドーム Dr Fong
Mediaeval

内馬場のゲートでスタート練習。ゲートを出し入れしただけで時計にはならなかったが、ゲートの中で落ち着いており、試験の合格に時間はかからなそうだ。脚長で細身の体つきをしており、父の産駒らしい切れそうな感じがある。半兄は仏2000ギニーを勝っており、血統的にも注目できる。

ジュヌヴィエーブ | 競走馬データ – netkeiba.com


ピオノノ

ピオノノ 新馬パドック

キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
マシュマロ クロフネ
シラユキヒメ

母マシュマロの産駒成績はレパードS(G3)を勝ったハヤヤッコを世に送り出した。おそらくピオノノもダートでの適性が高い競走馬とみるが、父キングカメハメハを着けたことで芝適正も期待できる。どちらの適正が出るにせよ、母系がしっかりした血統なので息の長い活躍できるだろう。

ピオノノ | 競走馬データ – netkeiba.com


フェアレストアイル

フェアレストアイル 新馬戦パドック

ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
スターアイル ロックオブジブラルタル
アイルドフランス

近親馬・兄にはNHKマイルC(G1)、マイルチャンピオンS(G1)を勝ったミッキーアイルがいる良血馬。おそらくフェアレストアイルも1600mまでの距離が主戦場となるであろう。桜花賞に出走できればかなり期待できそうだ。

2019年9月7日 4回阪神1日目 サラ系2歳新馬 牝[指](馬齢)2歳新馬】【1着】断然の1番人気に応え先頭でゴールイン。阪神1400mの2歳新馬で1:21.8は史上4位タイ。阪神1400mで1分22秒切った全2歳馬の中でラスト3F:34.1は最速タイ(新馬では最速)ラスト1F:11.4(推定)も秀逸で、かなりの高速馬場であったにせよ期待の持てる勝ちタイムです。

フェアレストアイル | 競走馬データ – netkeiba.com


ラインベック

ラインベック 新馬パドック

ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
アパパネ キングカメハメハ
ソルティビッド

友道康夫厩舎に入厩。3冠配合にディープインパクト×キングカメハメハで金子真人配合の最高傑作とも言うべき馬で注目しなければならない競走馬。

育成が行なわれたノーザンファーム空港牧場の佐々木敦吏氏は、同馬の素質をこう表現する。

「動きを見ていると、スピード能力が相当高そうですね。体は決して大きいタイプではないのですが、ストライドが広く、ダイナミックで、跳びの大きな走りを見せます。ぜひクラシックの舞台にいってほしい1頭です」

「(ラインベックは)兄たちと比べると、コンパクトにまとまっていますね。母のアパパネに一番似ている印象です。兄たちはやんちゃな面があり、ラインベックもその点は似ています。ただ、それはこの血統特有のもので、最初からケアしています。調教も従順で、心配はないですね」

「アパパネに一番似ている」というコメントから、同馬への期待の大きさが伝わってくる。同時に、我々の同馬に対する期待も一段と膨らむ。

また大江助手は「追うごとに良くなっています。気性もうまく持って行けて、今のところは問題ありません。マイルからの始動ですが、距離を延ばしていけそうな感触を持っています」とのコメントを残している。

ラインベック | 競走馬データ – netkeiba.com


ルビーカサブランカ

キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
ムードインディゴ ダンスインザダーク
リープフォージョイ

兄に新潟記念(G3)を制したユーキャンスマイルがいる血統。3歳の秋以降に力を付けてくる血統背景がありPOG的には疑問符が付いてしまうが、そんなところをふまえても期待してしまう馬。中距離・長距離路線で活躍することを期待する。

ルビーカサブランカ | 競走馬データ – netkeiba.com


ロードシャムロック

ロードカナロア キングカメハメハ
レディブラッサム
スピニングワイルドキャット ハードスパン
Hollywood Wildcat

全兄ダノンスマッシュは朝日杯FSで5着に入り、今夏のキーンランドCではナックビーナスに次いでスプリント性能の高さを顕示。今後のスプリント戦線の一翼を担う注目株です。その兄の再現を試みて誕生した本馬は、ここまでは配合時の意図通りに成長。体高、幅、骨量、筋力量の全てに恵まれており、ダイナミック且つ踏み込みの深い走りは高いレベルでの活躍を見込める器に映ります。

全兄ダノンスマッシュは芝1200~1400mで3勝。2歳10月のオープン特別・もみじSで3馬身差の圧勝を見せ、3歳8月のキーンランドCで2着に入りました。今後も重賞戦線での活躍が期待できる存在です。1600mでは馬券圏内に入っていませんが、出走しているのは全て重賞レースで、NHKマイルCは0秒4差の7着と健闘しており、適距離の範囲内と言えます。タピット産駒の姉メヌエットはダート1700mで勝ち上がっているように、母は種牡馬の適性をストレートに伝えるタイプのようで、本馬は全兄のイメージに近い、芝短距離での活躍が期待できます。母系にダンチヒとロベルトを持つのは、小倉2歳Sのファンタジストと共通しています。

ロードシャムロック | 競走馬データ – netkeiba.com

(Visited 22 times, 1 visits today)

ビーチリバレストをもっと楽しむ

サイト内のおすすめ特集ページを一覧表示しています。さまざまなお楽しみが用意されているのでぜひ御覧ください。

おすすめ特集ページへ


あなたの探していたブログやサイトがきっと見つかるブログランキング集