秋華賞2020はデアリングタクトの相手探しのレースかな!

コラム京都競馬

2020年10月18日に京都競馬場で開催される秋華賞(G1)。その主役はもちろんデビューから負けなしで桜花賞とオークスを制したデアリングタクト!その能力の高さに同世代のレースならばもはや疑う余地はなく、馬券外にトブことなど想定外であるのは前日オッズの単勝1.2倍が示している。このレースは素直にデアリングタクトの相手探しのレースに徹して間違いないはずだ!

秋華賞(G1) 出馬表 | 2020年10月18日 京都11R レース情報(JRA) – netkeiba.com

秋華賞2020前日オッズ

相手はローズステークスの上位馬なのか!?紫苑ステークス組なのか!?それともまったくの別路線組なのか!?まったくもって悩ましい18頭立てのフルゲートレースになってしまったが、悩んでいる時間も楽しい時間であるのが競馬。存分に楽しんでいこうと思う。

まずわたしが1頭目に選んだのは4番ホウオウピースフル。馬の能力関係なしに大一番で絶対に買い目に入れて置かなければならないのは池添騎手鞍上の馬。大舞台で輝くジョッキーと勝手に思っている。

2頭目は8番ソフトフルート。コツコツと勝ち星を稼ぎ、前走で2勝クラスを卒業した。相手なりに走りそうな馬で期待値も高いが、出来れば良馬場の方が走りそうな馬なので今回の馬場に泣かされる可能性も高い。

3頭目は15番ミスニューヨーク。相手の強さ云々に関わらず相手を交わすといった勝負根性はなさそうだが、どこまでも着いていくといった能力には長けていそうであり、3着の残り目に期待がかかる。

秋華賞2020の馬券

明日の夕方の競馬ニュースはきっとデアリングタクト一色でもりあがっているんだろうなー。